よくある質問 | 海老名市中新田の石坂整形外科クリニック

  • アクセス
  • 診察時間
  • 当日の順番予約
よくあるご質問
  • TOP
  • よくある質問
診療について
整形外科ではどんな症状を診てくれますか?

打撲、骨折、切り傷などの外傷やくび、腰、膝の慢性的な痛みに対応いたします。その他手や足の痛み、しびれなども整形外科的疾患で生じることが多いです。

整形外科の症状か分からないのですが、受診してもいいでしょうか?

はい。整形外科的な診断を行い、他科疾患の可能性が高いと判断した場合は、当該診療科への紹介を行わせていただきます。

捻挫や肉離れ、骨折などのケガも診てもらえますか?

可能です。切創、挫創などのケガ、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷、脊髄損傷、開放骨折、切断指・肢などを扱います。整形外科が扱わない外傷には、頭部・顔面外傷や心臓・肺損傷、腹部外傷などの臓器外傷、泌尿・生殖器損傷などがあります。

ブロック治療には何回くらい通院が必要ですか?

患者さん一人ひとり違います。 実際にブロック注射をしてみないとわからないこともありますが、2~7回ぐらい続けるケースが多いようです。 当院では初期の腰椎椎間板ヘルニアの場合、「ブロック注射は5回まで」を目安にした治療計画を立てます。 というのも、5回注射して効果がないなら100回しても同じだからです。 ブロック注射で痛みが治まらないようなら、治療方針を変更すべきなのかもしれません。 ただし、症状が安定しない場合など、ブロック注射を続けざるを得ないケースもあります。

手術を行っていますか?

小手術のみ行っております。腱鞘炎、腫瘍の摘出、骨折のピン二ングなどに対して行っております。病態によっては大学病院など近くの病院や専門医を紹介しております。

リウマチの診察はどのように行われますか?

血液検査や理学所見からリウマチの診断を行った後、メトトレキサートを中心とした抗リウマチ薬で治療を行っております。 生物学的製剤の導入は行っておりませんが、必要に応じて大学病院・総合病院などのリウマチ専門医と連携をし、導入を行った後当院で維持療法を行っていくことは可能です。

ご利用・予約について
診察の予約はできますか?

アイチケットをご利用いただくことでご自宅からも順番予約が可能です。
あくまで順番の予約のため時間指定の予約ではありません。

診察は保険適用ですか?

はい、適用いたします。保険は、あらゆる保険をカバーしています。社会保険、国民健康保険、老人保険、労災、自賠責、生保等、各種保険のお取り扱いをしております。

クレジットカードは使えますか?

申し訳ございませんが当院では取り扱っておりません。

予約していなくてもリハビリは出来ますか?

ご対応可能です。

スタッフからみた石坂整形外科とは

2012年3月に院長とスタッフで当院の良い点・改善点を話合いました

石坂整形外科にキャッチフレーズを付けるとしたら?
  • ①スマイル&ファミリークリニック
  • ②心安らぐ医院
  • ③明るい太陽、輝く星、それは石坂整形外科
  • ④笑顔になれて心もハッピー
石坂整形外科の良い点は?
  • ・スタッフが親切丁寧でとても優しいです。
  • ・スタッフが明るくて親しみやすい。
  • ・スタッフ同士が協力し合い、雰囲気が良い。
  • ・いつも綺麗な病院で清潔感があります。
  • ・定期的に勉強会を開催している。
  • ・待ち時間も退屈しない工夫をしている。
  • ・前向きに治療に通う明るく素敵な患者さんがたくさんいます。
  • ・患者さまが心地よく過ごせるようにいろいろな所に気配りしている。
石坂整形外科の改善点は?
  • ・初心を忘れず、原点にかえる。
  • ・笑顔で挨拶を徹底する。
  • ・混んでしまった時に受付の並ぶ場所を確保する。
  • ・患者さまをゆったりと誘導する。
今後さらに患者さまに満足して頂くためには?
  • ・患者さまに気持ち良くお帰り頂き、またお越し頂けるように接したい。
  • ・全ての患者さまに来院してよかったと思ってもらえるようにしたい。
  • ・スムーズに診察がすすむように準備する。
  • ・患者さまが不安を持たず、診察できるように心をこめて応対したい。
  • ・心も体も元気になれると思ってもらえるように対話を心掛ける。
  • ・元気に挨拶し、明るく話しかける。
明日から実行したいことは?
  • ・患者さまが気持ちよく診察できるように
    サポートしていきたい。
  • ・元気よく笑顔で挨拶をしたい。
  • ・話しやすい状態をつくることを心がける。
  • ・もっと患者さまの話に耳をかたむけていきたい。
  • ・患者さまに優しく丁寧に接する。
  • ・患者さまに気軽にきてもらえるよう話しかける。
今後も患者さまにとってよりよい医院になるように努力いたします。